葛飾区のおすすめ分譲住宅情報ウチナビ » 【2019年度葛飾版】 分譲住宅性能の気になる旬ワード7選 » 高気密住宅を探せ

高気密住宅を探せ

環境問題への省エネ需要の高まりを受けて、住宅業界でも高断熱住宅などの省エネ住宅が年々増えています。断熱性能も大切ですが、東京で家を買うなら「高気密」にも注目したいところ。


なぜなら………東京の夏は暑いから。


気密性の高い家とは、外気に左右されにくく、隙間の少ない家のこと。東京の暑い夏を想像すると…これがいかに大切かがわかりますよね。

断熱性と比べるといまいちメリットが思いつきにくい気密性ですが、過ごしやすい家を手に入れるには無視できない性能の一つです。
たくさんのメリットがありますのでひとつずつ見ていきましょう。

高気密住宅のメリット

外気に左右されにくく、1年中快適

高気密住宅は外気との遮断性能が高いので、暑さ寒さを感じにくく1年中快適に過ごしやすいのが大きなメリットです。いくら断熱性能が高い家でも、気密性が低くてすき間風だらけだと意味がありません。

例えば冬場でも高気密住宅なら、暖房で温めた空気を外に逃がさないので効率の良い暖房が期待できます。日中は太陽光が温めた空気を逃がさないため、暖房を弱くすることも可能です。

また、風が強く砂埃が舞うような天気の日も高気密の家ならホコリが入ってきません。最近はPM2.5のような粒子の細かい汚染物質なども飛散するため、気密性のメリットも大きくなっています。

換気性能が高い

高気密住宅は換気性能が高く、快適な空気を保てるのが特徴です。高気密と聞くと、空気をぴったりと閉じ込めて息苦しいようなイメージがあるかもしれません。しかし、現代の住宅は自然換気ではなく機械による換気を行っているので、そのような心配は不要です。

2003年の建築基準法改正によって、住宅への換気設備の設置が義務付けられました。原則としてすべての住宅には換気システムの設置が必要になり、1時間で室内の空気を半分以上入れかられるようにしなければなりません。

つまり、高気密だからと言って空気が閉じ込められて息苦しいということはないのです。逆に気密性が低い家で換気扇を回すと、いろいろなところから空気が流れてきて気流をコントロールすることができません。

高気密住宅はすきま風がないため、空気の流れも設計することができるため気持ちのよい空間を作りやすいです。部屋全体を空気が通って入れ替われば、いつでも気持ちのよい空間を保つことができます。

高気密住宅を手に入れるには

高気密は最近のトレンドキーワードのため、どのハウスメーカーも気密性を売りにした住宅商品を展開しています。しかし、高気密の基準はあいまいで、実は性能が低い住宅が販売されていて、住んでみたら意外と冬寒かったという事例も少なくありません。

「高気密」という言葉だけを真に受けず、担当営業に突っ込んだ質問をすることも必要です。気密性を表すデータなどの資料を見せてもらうのも良いでしょう。

質問を嫌がったり、回答をぼかしたりするハウスメーカーは高気密住宅ではない可能性が高いです。できれば比較候補から外した方が無難でしょう。気密性についていくつかの住宅を比較する際は、必ずデータで比較するということを実践してください。

葛飾区の分譲住宅ビルダー決定版
まず回りたい3社はココ!