葛飾区のおすすめ分譲住宅情報ウチナビ » 【2019年度葛飾版】 分譲住宅性能の気になる旬ワード7選 » パッシブデザインとは

パッシブデザインとは

パッシブデザインとは住宅業界で最近よく見るキーワードで、一言で言えば「自然を取り入れて夏涼しく、冬温かく過ごせる家」ということになります。

太陽光や風などの自然エネルギーは誰もが平等に受け取れるものと考えると、パッシブデザインという言葉のイメージを理解しやすいですね。

エアコンなどの暖房や冷房器具をなるべく使わずに、自然の力で快適な生活を実現するのがパッシブデザインの特徴となります。環境と家計にやさしく、快適に過ごすこともできる設計として注目度が高まっているキーワードです。

これから家探しをする方はぜひ覚えておきましょう。

パッシブデザインの必要条件

冬のパッシブデザイン

冬を快適にすごすことにフィーチャーしたパッシブデザインを実現するためには、住宅の性能を上げる必要があります。冬の寒さを防ぐためには断熱性能が必要となります。外壁に使う断熱材のグレードや、家全体の気密性などが重要になってきます。

また冬の寒さの大半は窓から侵入してくるため、ペアガラスを採用したり、二重サッシをつけたりして気密性を高めることも有効な手段。断熱性や気密性が高いと暖房に頼り過ぎず、太陽光などを取り入れて自然な温かさを得ることができます。

夏のパッシブデザイン

暑い夏も快適に過ごすためには、自然風を利用した排熱が有効な手段です。設計段階で風が抜けやすい建物にすることで、エアコンをつける時間を短くすることができます。省エネにもつながりますし、自然な風の中で過ごすのは気持ちいいものですよね。

太陽光を直接受ける天井裏を換気するなどの手段も暑さの軽減に有効です。壁裏に換気通路を設けたり、最適な場所に換気扇を設けたりといった設計も必要となります。

建てる家の形や条件によって、パッシブデザインを実現するための設計は異なりますが、基本的には自然のエネルギーを有効活用するような設計が必要となります。

明るさのパッシブデザイン

昼間の太陽光を取り入れて、電気をつけなくても明るい住まいを造るのもパッシブデザインの一環です。しかし、明るくしたいからと言ってただ大きい窓をつくればいいというわけではありません。

窓が大きいと断熱効率も落ちてしまいますので、住宅の形状や周囲の状況も加味して最適な採光設計が必要となります。明り取り用に高い位置に窓をつけたり、透明な建具をつけて光を取り込んだりと、工夫しながら明かりを取り入れる技術が必要です。

【パッシブデザイン的】良い家の条件とは?

一生に一度のお金をかけて家を建てるからには、なるべく良い家を建てたいのは当然ですよね?良い家とは毎日の暮らしを快適に過ごせる家の事です。
パッシブデザインは良い家を手に入れるための手段として近年注目度が高まっています。 しかし、パッシブデザインを実現するためには、高い技術とデザイン力を持つハウスメーカーや工務店を見つけなければいけません。複数の建築業者をしっかりと見くらべて、日本の四季を過ごしやすい良い家を建ててくれそうな業者で家を建てましょう。

葛飾区の分譲住宅ビルダー決定版
まず回りたい3社はココ!