葛飾区のおすすめ分譲住宅情報ウチナビ » 【2019年度葛飾版】 分譲住宅性能の気になる旬ワード7選 » これからの耐震性能

これからの耐震性能

地震の多い日本では、住宅購入の際に注目したい性能の一つとして耐震性能が挙げられます。何となくイメージはつかめるけど、実際にどんな性能か分からないという人も多いのでは?
ここでは耐震性能について、詳しく説明していきます。

耐震性能とは?

現在日本で建てられている住宅の耐震性能は国土交通省が定めた建築基準法によって決められた「耐震等級」という方法で表示され、3つのレベルに分かれています。

数百年に一度レベルの地震でも倒壊しない耐震性能を「耐震等級1」として、「耐震等級2」はその1.25倍、「耐震等級3」は1.5倍の耐震性と決められています。細かい数字はともかく、耐震等級は数字が大きくなると性能が高くなるということを覚えておきましょう。

最上レベルの耐震等級3は消防署や警察署といった災害時の拠点となるような建物の基準となっています。
とは言っても、住宅だって消防署や警察署と比較できないくらい個人にとっては重要スポット。地震発生時の安全性を求めるなら、なるべく高いレベルの耐震等級の家を手に入れたいですね。

地震で倒壊しない家を造るためには?

高い耐震性能の家を造るためには、「耐力壁」と呼ばれる揺れに耐えるための壁をバランスよく配置するのが重要です。大手ハウスメーカーは耐震性能を高めるために独自工法を開発している場合が多く、さまざまなメーカーが性能を競っています。

さまざまなメーカーの耐震工法の中から、建材メーカー大手のリクシルが採用している「スーポーウォール工法」を取り上げてみましょう。

ここがすごい!リクシルのスーパーウォール工法とは?

スーパーウォール工法で使用されるパネルは一般的な住宅で使われる「筋交い工法」と比べて高い耐震性能を持っています。そのためバランスよく耐力壁を配置することができ、倒壊しにくい家づくりに役立ちます。

スーパーウォールは住宅に採用されてから20年以上が経っていますが、これまで一度も地震で全壊した報告はありません。2004年の新潟県中越地震では16軒の集落のうち、スーパーウォール工法の1軒だけが全壊を免れた例があります。

また、6方向を塞ぐ気密性の高いモノコック構造のおかげで、台風や豪雨などの自然災害に強いという特徴もあります。2006年に北海道で発生した竜巻事故で、住宅の真上を巨大竜巻が通過した事例でも倒壊しませんでした。

これから家を買うならどの耐震基準?

3段階ある耐震等級ですが、これから家を買うならどの基準を選べば良いのでしょう?耐震性能が高くなれば当然費用もかかるため予算との兼ね合いもありますが、最低でも耐震等級2以上を選びたいところです。

理由としては、家の耐久性を表す認定制度「長期優良住宅」の存在が挙げられます。長期優良住宅の認定を受けるには「耐震等級2以上の強度」の家でなくてはなりません。

長期優良住宅に認定されると住宅ローン控除額が増えたり、購入時や住んでからの税金が減税されたりとメリットがたくさんあります。これから家を購入する方は、長期優良住宅も視野に入れて「耐震等級2」以上の家を狙っていきましょう。

葛飾区の分譲住宅ビルダー決定版
まず回りたい3社はココ!