葛飾区のおすすめ分譲住宅情報ウチナビ » 覚えておいて損はナシ。分譲住宅の探し方 » 分譲住宅と注文住宅の違い

分譲住宅と注文住宅の違い

分譲住宅と注文住宅の違いとは?

「分譲住宅」と「注文住宅」住宅購入を検討している方は、この名称をよく聞くことでしょう。「どこが違っているのか?」ということは、受住宅購入で迷ったときに非常に重要となる知識です。しっかりと条件の違いを覚えておき、理想のマイホームを手に入れるのに役立てましょう。

一番の違いは、これから建てるか完成しているか

分譲住宅とは、土地と建物がセットになって販売されている住宅のことです。建物はすでに完成しているか、建築中に売りへ出されます。間取りやデザインなどはすでに決まっているため、「マイホームが欲しいけど、どんな風な間取りにすればいいか分からない」「早く家を建てたい」と言う人におすすめ。

一方で、注文住宅は自分で工務店やハウスメーカーなどに設計を依頼して建物をつくることです。自分の思う間取りやデザインを自由に発注できることが特徴となります。じっくり家を建てたいと言う人に良いでしょう。

分譲住宅のメリット

分譲住宅の最大のメリットは、やはり「価格」です。建築資材などを大量購入し、間取りやデザインを統一することにより、建設コストが抑えられています。コストカットされた分、販売価格も手頃なものになっています。もちろん、「安かろう悪かろう」ということではありません。分譲住宅のノウハウを最大限に活かして設計されており、一定水準の快適さがある住宅です。

分譲住宅のデメリット

分譲住宅は、自分好みの間取りやデザインにすることができません。「マイホームは、こうしたい」という強いこだわりがある方には、あまり向いていないかもしれません。購入コストと自分のこだわりが、うまくバランスを取れて建築されている分譲住宅があれば買いだといえるでしょう。

注文住宅のメリット

注文住宅の大きなメリットは、自分の考えを間取りやデザインに反映できることです。もちろん、建築基準法などの規制はありますが、建築士と話し合いながら、「自分の理想の家」を建てることが出来ます。

建築現場をチェックできる

注文住宅は建築現場をチェックできるので、どのような状況となっているのかを確認できます。建売の場合、既に完成しているので、どのような形で作業が行われたのかが分かりません。一方の注文住宅は、時間の許す限り見学が可能です。実際に施工しているところをみることで、気になる点があれば質問できるメリットもあります。トラブルやアクシデントになる可能性を未然に防ぐことにもつながるでしょう。

資産価値が高い

いずれ手放す訳ではないのであれば、資産価値はそこまで重要ではないとの声もあります。ただ、資産価値が高いというのは充分なメリットです。建売住宅よりも、様々な部分にこだわりを持って作っていれば価値は高いでしょう。条件がそろうことで売却する時には、相場よりも高く売却ができる可能性もあります。

手放さないと決めている人にとっては関係ない部分かもしれませんが、将来のことは誰もが分かりません。もしも急な転勤、あるいは転職等による経済状況の変化などによって手放さざるを得ない時、高く売却できたほうが良いのは言うまでもありません。

注文住宅のデメリット

最大のデメリットは、購入価格の高さでしょう。オーダーメードで住宅をつくるわけですから、設計費用、資材代など、さまざまな名目の代金が必要になります。

こだわりが強すぎて決められないケースも

注文住宅は自由に設計できるのが大きなメリットです。オーダーメイドスタイルによるマイホームは、自らの思いを叶えられます。しかし、あまりにもこだわりが強い場合、あれもこれもと考えてなかなか結論が出ないケースも珍しくありません。

「せっかくの注文住宅だから」「これから長く住むのだから」と様々なこだわりを考えるほど、「家」としてまとめることが難しくなります。なかなか結論が出せずに話が進まないケースも実際にあるため、いくつか妥協する点も出てくるでしょう。

ある程度の妥協が求められるのがマイホームですが、「注文住宅だから」という意識が強まり、妥協できなくなってしまう点はデメリットといえるでしょう。

住宅ローンにおける注意が必要

注文住宅の場合、住宅ローンの利用に注意が必要です。マイホームの購入の際は住宅ローンの利用が一般的ですが、注文住宅の場合、実は住宅ローンが利用できません。住宅ローンは、基本的に「建てられているもの」にのみ利用できるものです。「これから建てるもの」である注文住宅には利用できないのが基本となります。そのため、借り換えを活用しなければならない点は、手間という点においてデメリットといえるでしょう。

この点は不動産業者から説明される部分です。ただ、間取りや設計と比べるとついつい話を聞き流してしまいがちな部分なので、しっかりと覚えておきましょう。

ケンカも注文住宅トラブルのうち

注文住宅は自分の理想を形にできるものです。だからこそ、依頼者側としてはいろいろなこだわりを持ち、時には家族とぶつかることも珍しくありません。自分にとってのこだわりが、家族にとって不利益になる要素を持っている可能性はあります。

例えば収納やデザインにこだわりたい場合、掃除をする際に大変だからやめてほしいと言われるかもしれません。好みが別である場合も、ケンカに発展する可能性はあります。お互いが納得のいく家を実現するためにも、話し合いは大切です。しかし、自分の希望を通したいがあまり、言い争うことになってしまう事態は今後のためにも避けたほうが良いでしょう。

ケンカをせずに注文住宅の計画を進めるには

どちらかに全部任せるのか、言い合ってでも家族で決めるのかというパターンがあります。前者であえば決める際、例えば夫に任せるのであれば妻の負担はほとんどないでしょう。しかし、女性目線の対策がされておらず、不満しかないということになりかねません。割り切れる人であれば、パートナーに全て任せても問題はないでしょう。

しかし、自分の意見も言いたい、どうしてもここは自分で決めたい箇所があれば、話しあって決めるしかありません。その際にケンカにならないためにも、事前に以下のような決まり事を作っておくと良いでしょう。

家族で予算は把握しておく

予算についての認識に違いがあると、衝突の原因になります。一方が予算やローンについて心配であっても、一方がとにかくこだわりを反映したいという考えでは、必ずぶつかるはずです。予算についてはお互いに話し合ったうえで、各部屋や設備ごとに出せる上限金額を決めておきましょう。各設備や部屋の施工費用の相場も知っておけば、どれだけ金額がかかるかも大まかに算出できるはずです。

予算について共通した認識があれば、お互いの意見を尊重しやすくなります。

こだわる箇所を分ける

間取りやデザインなど、一人ひとり好みが分かれるポイントは注文住宅において多々あります。特に好みが真逆だった場合はぶつかりやすいでしょう。それでどうしてもケンカをしてしまうという場合は、思い切って決める部屋を分けるのがおすすめです。

キッチンのある部屋は妻が決める、外観は夫が決めるというようにすれば、ケンカするリスクは減らせるでしょう。どうしてもこうしてほしいという意見がある場合は、業者に意見を求めてみるのも大切です。自分たちで決められないところは、第三者からアドバイスをもらうことで解決しやすくなるでしょう。

頭金について

住宅購入で必要になる頭金とは

かつて住宅ローンを利用する際、頭金は2割から3割程度あるとよいとされていました。この数字は、単に利息等の計算をしたものではなく、頭金が2割から3割程度あると診査にも通りやすいとされていたためです。近年は金融機関の業績の悪化もあり、頭金が0円でも審査に通しているケースがあります。

頭金0円であれば、マイホームの購入のハードルが低下するので好ましいと考える人もいるかもしれません。しかし、「頭金0円」にはリスクが潜んでいます。

頭金0円にはリスクがある

頭金0円のリスクとして考えられるのが、月々の返済額が増える点、さらには利息が増える点にあります。

借りる際に「これくらいなら大丈夫」だと計算したとしても、子供の成長や急な用事などで予想外の出費が重なるかもしれません。あるいは自身の転職による経済事情の変化などで、月々の返済が厳しくなることも考えられます。どのような事情であれ、月々の返済が滞るようなことになってしまうと、最悪マイホームを手放すことにもなりかねません。

中には手元のお金を減らしたくないとの事情で、頭金はできれば少な目にと考える人もいます。頭金はできれば多めに支払いたいところですが、必ずしも多く支払えばよいとも限らない点が頭金の設定の難しさです。資金繰りについても相談に乗ってくれる業者はいるので、一度相談してみるのが良いかもしれません。

頭金で失敗しないための対策

頭金で失敗しないためには、「適切な計画」が大切です。例えば賃貸住宅に住んでいて、月々の家賃を支払いつつ頭金の貯蓄をするとなれば厳しいものになるでしょう。そこでシミュレーションを行い、仮に頭金0円で住宅ローンを組んだとして、賃貸の家賃とどれくらい変わるのかを知っておくべきです。安くなるのであれば、頭金0円で住宅ローンを組むのも悪くはないでしょう。しかし、住宅ローンの支払いの方が多い場合、頭金0円はリスクが高いといえます。

適切な資金計画を立て、月々の返済額・支払額、さらには固定資産税等まで考慮しましょう。自分にとってどの方法が安くなるのかを利息も含めた「支払総額」で考えた時、果たして住宅ローンがリスクにならないのかを考える必要があります。単純に月々の返済額だけで考えるのではなく、「総額」で考えることで頭金をどれくらい用意すべきなのかが見えてくることでしょう。

自分の要望を明確にする

住宅購入の際には、分譲住宅と注文住宅、どちらにすればよいのか迷うことがあるかもしれません。そのようなときには、自分の要望は何かということを明確にしましょう。つまり、購入コストを一番に考えるのか、自分のこだわりを通したいのか、ということです。現在では、デザイン性などにもこだわった分譲住宅も多くあるため、多くの物件を内見してみることをおすすめします。

葛飾区の分譲住宅ビルダー決定版
まず回りたい3社はココ!